• Emi Jingu

タイに行こうと思ったわけ

今年の3月VFW(バンクーバーファッションウィーク)に挑戦して 終わった後、私は悩んでしまいました。


なんのために私はバルーンを作って、そして、海外に挑戦しているんだろうと。



バルーンドレスを着たモデルがランウェイを歩く 終わった後デザイナーとしてランウェイに出て、本当に感無量で、泣きそうになった。


世界中のメディアが、pick upしてくれ、とても嬉しかった。

バルーンを、世界に発信できたかなとも思う。


でもVFWに行って、より思ったこと。


インタビューでたくさんの人に聞かれた この作品のストーリーを教えてください。

たくさんの人が注目してくれ、バルーンを面白いと言ってくれたこの瞬間 私は自分の薄っぺらさを感じてしまった。

わたしはこの作品を通して何を伝えたいのか。 バルーンの可能性を示すことができるほど、私はバルーンのことを知っているのかなと。

何かを埋めようと、日本に帰ってから、たくさんの人に会って、いろんな人と話した。

フラワーアーティストのHikaru Seinoに出会った時が、今回のタイのきっかけとなった瞬間だった。

自分の使っているものバルーンの原点を見てみたらという言葉。 確かにと思った。

私は1方向からのバルーンしか見てないなと。

バルーンはもしかしたら、世界を変えるくらい大きなものになり得るかもしれない。

自分自身でその可能性をとても狭く浅くしていたのかもなと。


そこからバルーンをもっともっといろんな視野で捉えてみようと思った。





136回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

神宮エミ 神宮えみ じんぐうえみ EmiJingu Jingu Emi balloonfashion  バルーンファッション

​バルーンアーティスト バルーンクリエーター   バルーンドレス  バルーンデザイナー  バルーンアート balloondress​

日本・contact@emijingu.com

  • EmijinguのInstagram
  • EMIJINGUのFacebook
  • EMIJINGUのTwitter
  • EMIJINGUのYouTube
  • EMIJINGUのVimeo